fLife

アクセスカウンタ

zoom RSS 靖国参拝について思う事

<<   作成日時 : 2006/08/15 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

 61回目の終戦記念日を迎えた。

靖国参拝の反応

 小泉首相の靖国参拝について、中国韓国が早速批判をしているようだ。
 さすが特定アジア、素早い対応である。

現実と想像

 「百聞は一見に如かず」ということわざがある。また、アタマの中だけで作られた考え方を「机上の空論」と言ったりする。どんな立派な論理も経験が伴っていなければ現実味も説得力も無いという事を意味する。だからこそ、天文学者は計算式を元に現実をとらえようとするし、ジャーナリストは現場に行って現実をとらえようとする。

 日本はこれまで61年間、戦争を体験しないできた。実際に記憶に残っている人でも65歳、実際に兵士として戦争を経験した人は80近くに。兵を率いた人になれば、もうほとんどおられないだろう。
 私を含めて大多数の戦争未経験者が、戦争を想像しながらああだこうだ言う時代になった。

 テレビに映る至る所での戦闘行為は、生々しい現実までは伝えない。実際に映る光景は、銃を撃つ光景か、戦闘機や戦車が砲弾をぶっ放して火の手が上がる光景、そしてその後に残された自然災害と変わらない崩れた都市の映像で、遠く離れた日本からは映画やゲームの映像と大して変わらない。
 読書感想文のように、戦争は悲惨だと考えるしか無いのだ。

過去に起きた現実

 しかしながら、同様の光景が日本でも、近辺の「アジア」や東南アジアでも現実に起こっていた。
 多くの日本兵もまた、戦場に赴き亡くなって行った歴史がある。
 広島/長崎の平和記念公園や話題の知覧の特攻隊記念館ももちろんシンボルだとは思うが、靖国神社はその過去の現実を現在に伝える最大のシンボルだ。巨大な鳥居を抜けたあの空間には、国の未来を思い、あるいは家族の未来を思い、もしくはその名目で現実に戦争によって戦死した多くの人々がまつられている。

 その彼らが守ろうとした未来を生きる我々が、彼らに感謝をするとともに、日本で現実に起こった戦争という惨禍を直視し、再び惨禍が起こる事のないように誓う。
 「アジア」の安定を損なう国家を賛美する政府や、チベット侵略を解放だとしか考えられない国粋主義国家の政府の皆さんには、自らが行っている事が戦争の賛美であるからこそ、日本もまたそのようにとらえているのであろうとしか考えられないだろうが、日本人の大多数が靖国をタブー視し、直視しないようになった時、そのときこそ日本に国粋主義が芽生えたといって非難するのが妥当であろう。
 靖国は彼らのいう 「『歴史』の直視」に適した場所だからだ。

 靖国参拝を反対する人も賛成する人も、終戦記念日とはいわずにいつでもいいから、一度実際に行ってみた方がいい。
 あの厳粛な空気に包まれた時、侵略をしようだとか、再び戦争を起こそうなどと考えるなら、どうかしていると思う。

Ad

戦争を知らない人のための靖国問題
戦争を知らない人のための靖国問題
上坂 冬子

関連商品
大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書
パール判事の日本無罪論
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
日本はそんなに悪い国なのか A級戦犯・靖国問題・平和祈念碑設立をめぐって
美しい国へ
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「終戦の日」に靖國参拝す
今日8月15日は、所謂「終戦記念日」。 どうもこの「記念日」というお目出度そうな文言が大嫌いですが、定着してしてしまった以上、仕方無いのかなぁ、と感じてます。 ...続きを見る
MAC`S GADGET ANNEX
2006/08/16 11:56
首相の靖国神社参拝に面白い朝日の記事
 25万8000人という過去最高の参拝者が訪れた靖国神社。この現状がよっぽど悔しいのか、朝日新聞が例によってツッコミどころ満載な記事を書いてます。 ...続きを見る
快投乱打な雑記帳
2006/08/16 16:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
靖國は時期を外して静かに参拝するのが、個人的には厳かでいいですよね。神社仏閣は何処でもそうですが、騒がしい中での参拝はどうも落ち着きません。
個人的には、沖縄で戦死した祖父を訪ねて、沖縄に慰霊に行きたいと思ってます。
mac
2006/08/16 11:59
まあ、心の問題であって、いついっても一緒ですからね^^;

個人的には、無宗教の人間が宗教施設で参拝するというのは失礼に当たるのではないかと思っているので、靖国でも二礼ニ拍手一礼は避けましたが、思う気持ちは変わらないですね。

幸い、近い間柄の人では戦争で亡くなった人がいないので、祖父が残した伝記でも読み返してみようと思います。
Darth Alexios
2006/08/16 12:35
実際に行ったことがないために靖国参拝については否定、肯定どちらもできません。

ただ思うのは、 
日本で戦争について学ぶ時はほとんどが本土に残った人と原爆についてですが、何よりも苦しんだのは現地へ行き、自らも人を殺した兵達だと思っています。 

少なくともそういう人を祀り、世間の反対を聞いて尚参拝するからには、この日本がまた人を殺し、殺されるような状況にならない未来を作っていってほしいものです。

yosh
2006/08/18 00:17
祖父が悪名高いインパール作戦に参加し、かなり苦労をしたそうで、伝記として書き残してあるのですが、それを読むとその悲惨さと苦労は想像以上の物でした。

幸い祖父は生還いたしましたが、死にかけた事は何度もあったようです。
残念ながら多くの日本兵は戦死を遂げたそうで、死体がたくさん転がっているのを見ると、神も仏も無いよと感じたと言っていました。

少なくとも現代の日本にとって、国のために命を落とす危険を背負い、結果として命を落とすという事態は考えにくいですが(危険地域の外交官などは例外ですね)、戦時下では実際多くの日本人がこのような目に遭っている訳で、それに対して国としてなにもしないというのは、寂しい気がします。
命は返ってこないですが、亡くなっていった方々を想い、二度と起こさないと決意する事が、せめてもの慰めになるのではないかと考えます。
Darth Alexios
2006/08/18 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
靖国参拝について思う事 fLife/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる